t-Ace Biography

 

茨城県水戸市を拠点とするラッパー t-Ace(ティーエース)14歳の時にHipHopに出会いDJを始め、21歳の時にラッパーへ転向。08年には殆どのトラック・プロデュース、エンジニアを自らこなした2枚組の自伝的アルバム『孤高の華』をリリース。翌年に茨城県民文化センターで行った自主公演のライブでは千人以上を集客。11年には『YUME-NO-ARIKA』、12年には『Chage?』、14年には『フザケタヒーロー』をリリース。実体験に基づいた嘘偽りの無いリリックと彼のセンスはHipHop関係者はもちろん、多方面からも高い評価獲得。また震災後の114月には被災地でもある水戸プラザホテルでチャリティライブを開催。その功績を認められてラッパーとしては全国初となる行政より水戸大使として任命される。ダレも知らないブルースはiTunes HipHopチャート1位をとるなど着実にその名前を全国へと広げている。5枚目のアルバムで超問題作の「自殺よりもセックス」を発表。2016年には6枚目となる「いいから笑え」をリリースし全国20カ所のツアーを敢行させた。盟友DJ TY-KOHとのEP”tyAce the EP”を07.18にリリース。ソロとしては現在は7枚目のアルバムを製作中。

official faceebook page

official Twitter


NEWS! [t-Ace SupporterZ site「teamクズ」入団者募集スタート!]

入団者限定オリジナルピンバッチ、限定動画の配信、アルバムやDVDの先行販売などお得な内容になっております。